発達障害にはストラテラが効きます

ストラテラは本当に発達障害に効くのか?一時的に脳の改善に役立てることができます。 - 大人になってから発達障害だと分かった場合は、うつ病などを併発していることが多い

大人になってから発達障害だと分かった場合は、うつ病などを併発していることが多い

子供のころからADHDのような発達障害を抱えている人であれば、いろいろな人が配慮してくれるでしょうし、自分でもそれを自覚した行動がとれます。しかし、大人になってから発達障害だと分かった人や、それすらわかっていないという人は、自尊心が失われることもあって、うつ病などを併発しやすいということが言われています。

■大人になってうつ病など心の病気にかかることがある

大人になってから普通の人と同じようなことができなかったり、言われた通りのことすらできないということになると、多くの場合上司などに怒られるでしょう。失敗して怒られるというようなことを繰り返していると、やはり自分はダメな人なんだということをすり込まれるようになり、自信がどんどんなくなっていきます。これがひどくなるとうつ病などの心の病気にかかってしまいます。
子供の頃に発達障害だということが分かっていれば、どうやったそれに対処していくのかを学ぶことができたりします。大人になってから発達障害だと分かった場合は、発達障害に対応する治療に加えて、うつ病にも対応した治療を受ける必要が出てきたりします。

■できないのは発達障害のせいだと思えば楽になる

ADHDのような発達障害の場合は、自分が頑張ったとしてもうまくいかないわけです。これは本人の能力とは関係ないところで起こっている脳の障害です。こういう障害があるからできないんだなということが分かれば、思いつめる必要はないでしょう。治療を受けることで、社会生活をより送れるようになります。

■うつ病を併発する前に治療をしておきたい

社会生活を送るのが難しいのは発達障害のせいだと分かるのであれば、うつ病にならずに気が楽になるのではないでしょうか。発達障害が原因であれば、早めに治療をした方がいいです。

関連する記事