発達障害にはストラテラが効きます

ストラテラは本当に発達障害に効くのか?一時的に脳の改善に役立てることができます。 - ストラテラの服用は子供と大人とで変わるのか?

ストラテラの服用は子供と大人とで変わるのか?

ストラテラは2009年から製造販売しているADHDなど発達障害を改善するための薬です。特に不注意や多動性、衝動性という症状を改善するために使われることが多いです。その中でも安全性が高く副作用が少ないというのが特徴的なのですが、副作用が全く起こらないというわけではないので、使用する時には注意をしながら使っていく必要が出てきます。ストラテラの服用において大人と子供とで変わっていくのでしょうか。

■子供の時にストラテラを飲む場合の注意点

子供の時にADHDだと発覚した場合には薬物治療が行われるわけですが、6歳にならないとストラテラの服用ができないわけですので、5歳までであれば抑肝散など漢方薬の服用が行われます。6歳以上の子供の場合にはストラテラの服用が行われるわけです。
この頃の服用ですが、薬物治療と共に大切なのが行動療法のような教育です。どういう風にして日常生活を送れるようにするのか、周りの人とどのようにコミュニケーションと取るのかと言った教育が欠かせません。教育がきちんと行うことで、生活を送りやすくするという効果があります。

■大人の時にストラテラを飲む時の注意点

大人になって初めて発達障害だと分かるケースもあり得ます。そういう時はストラテラの服用が行われることがあります。大人になると別の精神疾患にかかっているケースもありますので、合併症を防ぐことに主眼を置いて行動療法や薬物治療が行われます。

■ストラテラはいろいろな年齢に使えるが、観点が違ってくる

ストラテラ自体は子供でも大人でも使用をすることができますので、発達障害の治療によく用いられます。子供の時はどのように日常生活を送れるのか、大人の時は合併症をどのように防ぐのか、という観点でストラテラが使われます。

関連する記事