発達障害にはストラテラが効きます

ストラテラは本当に発達障害に効くのか?一時的に脳の改善に役立てることができます。 - なぜ発達障害の治療にストラテラのような薬が必要になるのか?

なぜ発達障害の治療にストラテラのような薬が必要になるのか?

ADHDは今では脳の発達障害というように病気として捉えられることが一般的で、その治療においてはストラテラのような投薬治療が行われます。ここで気になることはなぜ脳の発達障害に関してストラテラのような投薬治療を受けないといけないのかということです。

■ADHDに配慮するための環境を整える

ADHDの人というのは外から見れば日常生活を適切に送れているのではないかと感じられます。しかし、そういう人たちは自分ではどうにかならないことについて苦労しながら生きています。それは普通の人には全然わからないことではないでしょうか。もしかすると、怠け者や自己中だと言われる可能性があります。
子供であれば学校生活をどのように送るのかという点で、大人であれば職場でどのように仕事をしていくのかという点で相当苦労します。そうであれば、周りの人がADHDの人に配慮するように環境を作っていくことが大切です。彼らでもきちんと生活ができるように周りの人が配慮したいものです。

■投薬治療を行うこともある

ADHDの人は脳の中でいろいろなことを処理していくことが普通の人に比べて難しいです。そうであれば、ストラテラのような薬を使って少しでも脳の中の情報処理をしやすくなるようにするわけです。程度が軽い場合は上記のように環境を整えるだけでもいいのですが、それでも改善されないとなると精神科医の治療の元で投薬治療や心理療法を行うことがあります。

■薬によって脳の働きを改善するために必要

ADHDは脳の機能に対して障害があるために、日常生活を送るのに普通の人に比べてはるかに苦労をしています。こういう人たちに配慮した環境作りなども必要なのですが、それに加えてストラテラなどの投薬治療を要する場合もあります。

関連する記事