発達障害にはストラテラが効きます

ストラテラは本当に発達障害に効くのか?一時的に脳の改善に役立てることができます。 - 発達障害にはストラテラが効きます

発達障害にはストラテラが効きます

ストラテラはADHD型の発達障害を治療するという目的で用いられる薬です。薬を使って治療を行うとなると心配になるケースもありますが、やはり治療効果はそれなりにあるものですので、医師の指導の元で使い続けることが求められます。ストラテラには発達障害にどのように効くのでしょうか。

■ストラテラは薬を飲んで一時的に脳の改善に役立てる

juykf
ADHDに関して言えば親のしつけが悪いとか性格的に甘えているということではありません。脳機能に問題がある発達障害ですので、そこに対してうまくアクセスした薬を服用すれば効き目がある間は改善されています。つまり、通常の脳の基準に近づけるための薬だということが言えます。
しかし、薬の効果については無限というわけではなく、薬を飲んでいる間だけになります。そもそもの話、薬というのはADHDを完治するために使用するということではなく、一時的に症状を和らげるために使用するわけです。いわば、対処療法に過ぎないと言ってもいいです。
ストラテラには副作用がどうしてもあります。副作用の一つとして服用前と服用後とで性格が変わるという人がいるようです。確かに、脳に作用するわけですので副作用があることは否めないわけですが、薬を飲まないと日常生活が送れないのであれば、やはり薬を飲んだほうが患者さんにとってはいいわけです。
薬によって脳の働きを補えるのであれば、有効活用をすればいいのではないでしょうか。副作用が気になるのであれば、医師に相談をしてどうするのかを決めるといいでしょう。

■ストラテラが脳に効果がある理由は

ADHDにはノルアドレナリンが少ないことが原因で引き起こされているということが分かっています。そのため、従来であれば脳の神経を刺激した形によって治療が行われていたわけです。これは脳の覚醒作用を働かせることによって、ADHDの改善を図るという目的があります。
しかし、ストラテラは脳の覚醒作用を働かせることなく治療をすることができるという意味で画期的なのです。どういう風にしているのかというと、もともとノルアドレナリン量が少ない中で、途中で余ったものが回収されるわけですから、さらに減ってしまうわけです。ストラテラは余ったものを回収するという働きを抑えることによって、ノルアドレナリン量を増やします。それによって、普通の人と同じように生活をできるようになります。

■薬だけでなく環境を整えることも大事

htrhtsr
ADHDの治療というのは薬だけでなくどのようにこの病気と付き合っていくのかというのを学ばないといけません。この病気というのは完治することがありませんので、生まれ育った体質なんだなという風に思わなければいけないです。一生そういう体質と付き合っていくための方法について学んでいくことで、生きづらさを解消して将来にわたって暮らしやすくなります。
自分の意志ではどうしようもないことについては薬の力を借りることが重要で、行動療法や心理療法を使って日常生活を送りやすくするようなパターンを知っておくべきです。そして、周りの人は患者をサポートしていくという意識で居ればいいのではないでしょうか。

■発達障害にストラテラは効果がある

ADHD型の発達障害にストラテラは効果があると言ってもいいでしょう。ただし、飲んでいる間の一時的な効果に過ぎません。根本的な治療をするためには薬物療法と共に環境を整える行動療法や心理療法も必要になります。

■ストラテラをお求めの方に

ADHDならストラテラ http://www.168webshop.org/medicine/psychiatry/strattera.html
hjyd

新着情報

◆2017/04/12
発達障害にはストラテラが効きますの情報を更新しました。
◆2017/04/03
会社内容の情報を更新しました。
◆2017/04/03
子供が発達障害だと分かった時に両親はどのように対処すればいいのか?の情報を更新しました。
◆2017/04/03
大人になってから発達障害だと分かった場合は、うつ病などを併発していることが多いの情報を更新しました。
◆2017/04/03
ストラテラを服用することで性格が変わるということはあり得るのか?の情報を更新しました。